フェレットブログ「こがねとてっぺい」

バタースコッチのマーシャルフェレット、「こがね」君と「てっぺい」君との日常を発信するブログです。フェレットを飼ってる方、飼いたい方も、ぜひ見てね!!

当ブログでは、フェレットと暮らす日常と、フェレットに関する情報買った商品の感想について発信しています。
「こがね」君と「てっぺい」君。二人について、詳しくはプロフィールを見てね。

フェレットの特徴

f:id:rokuzeudon:20161021183026j:plain

※フェレットと暮らし始める前に書いた記事です。

犬、猫、爬虫類、ハリネズミ。いろいろなペットがいますが、案外フェレットの知名度は低いように思います。

フェレットが実際はどんな生き物なのか、調べてみました。

生態

イタチ科で、完全な肉食動物です。

寿命は6~11年程度で、日頃の生活環境にも大きく左右されます。

汗腺…汗を出すところがなく、暑さに非常に弱いです。

体温は、平熱が38℃前後で、興奮すると40℃になる時もあります

もともと夜行性ですが、ペットとして繁殖されておりある程度の耐性は付いているので、こだわりすぎる必要はありません。

狭いところが大好きで、ドアの隙間や座布団の下などに潜り込みます。部屋の中で放すときには、誤って踏んでしまうことのないように注意が必要です。

イタチ科なので、本来はスカンクなどのように臭腺があり臭いのですが、販売されている個体は臭腺摘出の手術を受けているので気にする必要はありません。

特有の動物臭がありますが、与える餌や普段の手入れ、シャンプーなどによって抑えられることができます。

「クックック」と喉をならすように小さな音で鳴くことがありますが、基本的に鳴きません。

知能は高く、トイレを覚えたり、簡単な芸であれば学習することもできます。

性格

人によく懐きます。犬と猫の中間といったところで、人と共存し、コミュニケーションをとることができる動物です。

ある程度人の言葉を理解することができるので、簡単な芸も覚えることができます。

体格

体重は、オスが1~1.2kg、メスが600~800g程度になります。個体差はもちろん、ファームごとでも違いがあります。

冬は寒に耐えるために皮下脂肪を蓄えるため、3割程度体重が変わる場合があります。

細長く、柔らかい骨格をしていて、細長い穴に入り込むのに適しています。

尾は長く、犬猫のように感情がよく表れます。

食事

肉食ですが、フェレット用のフードが開発され普及しており、虫やマウスを与える必要はありません。腸が短いので、トイレの回数は多いです。

本来は獲物を巣に持ち帰って少しずつ分けて食べるので、餌をどこかに溜め置く習性があります。部屋の隅にカビの生えたフードの塊ができることもあるので、放し飼いの時は注意が必要です。

また炭水化物や糖分の多い食事は避けるべきです。

視覚

夜行性だが、全く見えていないわけではありません。小動物など、動くものに対しては敏感に反応します。

鳴き声

基本的には鳴きません。危険を感じた時、また赤ちゃんの頃にはよく鳴きます。